ツール

【MT4でEAを稼働中の方へ】Windows Updateとパソコン再起動について

MT4でEAを稼働するときは
常にPCを起動させておく必要があります。

その際気を付けなければならないことは、
Windows Updateの自動更新をしないようにすることです。

通常はWindows Updateは自動で行われ、
自動でPCが再起動処理されてしまいます。
するとMT4が動作しなくなりますのでEAも動かなくなります。

Windows再起動後に自動でMT4が起動しませんので
取引チャンスを逃してしまうかもしれませんし、
その時にポジションがあり決済するタイミングと重なった場合には、
EAロジックが正常に機能しない可能性もあります。
運が悪い場合にはそれによって損失が出てしまうこともあります。

そこでWindows Updateの自動再起動を「無効」
にする設定をしておきましょう。

また土曜日や日曜日のMT4が動いていない際に
Windows Updateの「更新プログラムの確認」をして
PCの再起動をしておきましょう。

Windows Updateの自動更新の止め方

では、まずVPSのWindows Updateの自動更新の止め方を解説します。

ここでは、ABLENET(エイブルネット)のWin2 SSDプラン Windows Server 2012 Rで説明していきます。Windows Serverのバージョンが違う場合、操作画面が少々異なりますが、操作方法は基本的に同じです。

①PC画面左下のWindowsマークをクリック

②「コントロールパネル」をクリック

「システムとセキュリティ」をクリック

「自動更新の有効化または無効化」をクリック

➄「重要な更新プログラム(I)」の項目から
「更新プログラムをダウンロードするが、インストールを行うかどうかは選択する」を選んで、「OK」をクリック

お疲れ様でした。

 

Windows Update更新プログラムの確認

セキュリティのために、土曜日か日曜日のMT4が動いていないときに
Windows Update「更新プログラムの確認」をしてください。

更新プログラムがある場合には
起動しているMT4を右上の「×」ボタンで閉じてから
「更新プログラムのインストール」
をクリック

更新が終了したら「今すぐ再起動」をクリックして
VPSのPCが閉じた後は
自宅PCの「リモートデスクトップ」から再度VPSに接続をして
MT4起動をしておいてください。

 

VPSのPC再起動とMT4起動について

Windows Updateがなかった場合にも、
土曜日か日曜日のMT4が動いていないときには、
PCを手動で再起動をしておくと良いです。

ABLENETなどのVPSの会社の
コントロールパネルからの再起動の方法もありますが、
私は簡単な方法として、VPSのPCの画面から再起動をしています。

まずはMT4を閉じます。
MT4の右上の「×マーク」をクリック

次にPC画面左下の「Windowsマーク」を右クリックして
「シャットダウンまたはサインアウト」から
「再起動」をクリック

これでVPSのPCが閉じます。

その後に
自宅PCの「リモートデスクトップ」から
再度VPSのPCに接続して
MT4も起動させたら
EAのLot数などの設定が正しくセットされているかの
確認も忘れないようにしてくださいね。

(BEASTの場合「初期ロット数」
デフォルトでは1.0になっています。
もし、1.0にリセットされていた場合には
証拠金に応じた任意のLot数に設定をお願いします。)

最後までお読みいただきありがとうございました。