ツール

お申し込みの方専用 もしEA初心者様でしたら準備について

EA導入するための準備について解説していきます。

EA(FX自動売買システム)は自宅PCでも稼働は可能ですが、
様々な理由からVPS(仮想デスクトップ)を契約している方が多いです。

VPSにMT4(メタトレーダー4)というメジャーで高性能なFX取引ツールをダウンロードして、EAを設置していきます。

ここでは、

VPS契約
VPS接続
MT4ダウンロード
リモートデスクトップ接続
VPSへのMT4導入
MT4ログイン

と順を追い、EA設置ができる環境準備について解説していきます。

 

また、外出先からもVPSを操作したり、EAの稼働状況を見ることができるスマホの設定もありますので参考にしてください。

 

VPS(仮想デスクトップ)とは?

VPS(Virtual Private Server)は

・仮想デスクトップ
・仮想サーバー

とも呼ばれ、仮サーバーに24時間
稼働可能な自分専用デスクトップ環境を作れる機能です。

クラウド(仮想空間)上にあるので、
「パソコンを家に置いて外にいる状態」
でもどこからでもアクセスすることが可能です。

VPSのメリット

FX運用におけるVPS最大のメリットは

「安全にEAを24時間365日稼働できる」という点です。

本来、EAを運用するためには
自宅のパソコンに直インストールして
24時間休まず起動し続ける必要があります。

ですが、EAの安定稼働には

・パソコンのスペック
・インターネット回線速度
・停電等のネット回線切断対策
・再起動の管理(Windowsアップデートによる再起動を防ぐ)

など、EAを安定的に稼働するための環境や条件が必要です。

またPCを24時間稼働させるので
電気代もかかり、何より常時稼働は
PC本体の負担が大きく機器の消耗も早くなります。

でもVPSでEA設置しトレードすれば

「VPS上(仮想環境)でEAを24時間途切れることなく稼働できる」

そのためEA利用するトレーダーは
必ずどこかの会社のVPSを利用しています。

VPSのデメリット

反対にVPSのデメリットは
サーバーを借りる必要があるため

「サーバー費用がかかる(月~年額)」という点です。

※業者で金額に多少の違いはあるものの
月額平均で2000円~3000円のサービスがほとんど。

ただ、ここをデメリットと見るかは正直、微妙なところです。

というのも仮にVPS契約せずに
パソコン常時稼働で運用した場合は電気代がかかるからです。

お薦めのVPSサービス

数ある事業者の中でもABLENETは
FX自動売買(EA)運用に特化したVPSサービスを提供しています。

他社VPSと比べて動作が非常に軽いため、
MT4使用のEAトレード環境としては

「ABLENET一択」

と言っても良いほど快適に作動するので
システムトレーダーに非常に人気なサービスです。

ABLENET(エイブルネット)のVPS契約

ネット申し込み手順

ABLENET(エイブルネット)のVPSを選択する

まずこちらからABLNET(エイブルネット)のページを開いてください。

ABLENETはこちらから>>>

ページが開いたら下記図のように
VPSと書かれてる方の「くわしく見る」をクリックします。

※ABLENETにはVPSと共有サーバーの
2サービスありますが「VPS」を選択ください。

次の画面の右上にある「申し込む」をクリックします。

ABLENET(エイブルネット)のプランを選択する

プラン選択画面が開きますので

「Windowsプラン」で契約を進めていきます。

※ここでVPSプラン(Windowsがインストールされてないプラン)を選択しないよう注意ください。

サービスプランは左から2番目の「Win2」を選択します。

「Win1」はEAがスムーズに稼働しないリスクあり、
「Win3」だと容量が多すぎてオーバースペックです。

ストレージを選択する

Win2のストレージは「HDD」か「SSD」を選択します。

ストレージとはデータの記憶装置です。

HDDよりSSDの方が処理速度が
圧倒的に速いため「SSD 120GB」を選択します。

支払い方法を選択する

支払い方法は

「クレジットカード試用期間あり」
「クレジットカード試用期間なし」
「コンビニ払い(手数料160円+税)」

の中から任意で選択します。

■支払い方法別の注意事項■

※「クレジットカード試用期間あり」は10日間のお試し期間がありますが、試用期間中に本契約移行処理をしないと自動で契約廃止になるのでご注意ください。

※お試し期間から本契約移行を忘れる方が多いため、移行処理漏れを心配される場合は「クレジットカード試用期間なし」を選択してください。

※「コンビニ払い」は登録住所に「コンビニ振り込み票」が送られ、最大10日間の猶予内に入金完了すれば本契約となります。

※コンビニ払いも10日間の猶予内に支払いがなければ、自動的に契約廃止になるのでご注意ください。

利用規約への同意と利用コンテンツについて同意を行う

続いて「利用規約への同意」です。

確認後、全ての項目にチェックを入れてください。

サーバー契約期間を選択する

次ページに進み、サーバー契約期間を任意で選択します。

なお支払い方法に「コンビニ払い」を選択した場合、
「サーバー契約期間」は「6か月払い」or「年払い」のみ選択可能です。

「月払い」は選択できませんのでご注意ください。

契約期間の下の「オプション」(リモートデスクトップサービス(RDS)ライセンス)は、不要ですので、選択せず「0」のままで大丈夫です。

見積り額の確認

選択プランの見積りが表示されるので確認しましょう。

WindowsServer利用規約に同意する

その次に

「WindowsServer利用規約 エンドユーザーライセンス条項」

を読んだ上で「同意する」にチェックをします。

WindowsServerの初期OSを選択する

少し下に進むと
「WindowsServer初期OS」
を選択する画面になるので任意のOSを選択します。

最新OSは、更新ファイルのメンテナンスが多くなる可能性が高く、古いOSは、マイクロソフト サポート期間が終了する最有力候補となります。

どれを選択していただいても良いと思います。

お申込者情報を入力する

「お申込者情報」の各項目に必要情報を入力していきます。

法人名(カナ含む)とFAX以外は
必須項目となってますので漏れないよう記載ください。

クレジットカード情報の入力

クレジットカード払いを選択した方は
画面を少し下に進めて「クレジットカード情報」を入力します。

お申込み完了画面の確認

お申込み完了画面に遷移します。

※完了画面記載の「お客様のお問合せ番号」は契約に関してABLENETに確認する際に使用しますので、忘れないようメモ帳等に保存しておきましょう。

これでABLNETページからの申し込みはひとまず完了です。

次に、この完了画面と同時に登録メールアドレス宛に
ABLENETから「お申込み受付けお知らせ」が届いてますので、確認していきます。

お申込み受付けお知らせメールの確認

登録したメールアドレスBOXに
「お申込み受付けお知らせ」が届いてるかチェックください。

万が一届いてない場合は

・迷惑メールBOX確認
・受信拒否設定

などのフィルターがかかってないか確認ください。

※どうしてもメールが見当たらない場合は、お申込み完了画面に記載の「お客様のお問合せ番号」を記載の上、ABLNETに確認しましょう。

VPS(Winプラン)設定完了通知を確認する

「お申込み受付けお知らせ」メール到着後、
しばらくすると「VPS(Winプラン)設定完了通知」メールが届きます。

このメールが届きましたら

「VPS(仮想デスクトップ)を起動させられる状態」となります。

このメール記載の「WindowsServer設定情報」にある

・コンピュータ
・ユーザー名
・初期パスワード

この3つはVPSに接続するための重要な情報です。

そのため、これら3つの情報は「メール保存」or「メモ帳保存」して、絶対に無くさないように管理しておきましょう。

クレジットカード試用期間から本契約移行の流れ

「クレジットカード試用期間あり」を選択した場合、10日間の試用期間が用意されますが、継続使用する場合は10日間中に本契約に移行する必要があります。

※もし本契約せずに10日過ぎますと「サーバー停止(データ廃止)」となります。

ここからは「試用期間から本契約移行までの手続き」を解説していきます。

ABLEパネルにログインする

契約時にABLENETから配信された「VPS(Winプラン)設定完了通知」の中に

「ABLEパネルのURL」が記載されていますので、そちらをクリックします。

URLをクリックすると「ABLEパネルにログイン」という画面が表示されますので、「ABLEパネルID」と「パスワード」を入力し「ログイン」をクリックします。

※「ABLEパネルID」と「パスワード」は「VPS(Winプラン)設定完了通知」の中の「ABLEパネルのURL」の真下に記載されています。

本契約への移行手続きを行う

「ABLEパネル」にログインすると、トップ画面に「試用期間中」と書かれた画面が表示されています。

その中に記載されている

「本契約への移行/試用期間中のキャンセル手続きへすすむ」をクリックします。

次に「試用期間の終了(本契約への移行/VPSの廃止)」という画面になりますので、

①「本契約への移行」真横にあるラジオボタンを選択
②その後に一番下中央にある「送信」をクリック

上記の順番で手続きを進めてください。

すると「確認」のポップアップ画面が表示されるので「OK」をクリックします。

続いて「完了」のポップアップ画面も表示されるので、ここも「OK」をクリック。

VPS本契約移行のABLENETからの通知を確認する

登録のメールアドレス宛にABLENETより

『[ABLENET:VPS]本契約への移行』というメールが届きます。

※この通知が来た段階では、まだ本契約ではありません。

申請内容に問題が無ければ、このメールの後

「VPSサービス本契約開始通知」が届きます。

このメールが届きましたら、はれて「本契約のVPSサービス利用開始」です。

以上がVPSの本契約開始手続きの流れとなります。

リモートデスクトップ接続

自宅のパソコンからVPSへ接続する方法を解説します。

リモートデスクトップ接続手順

リモートデスクトップを行うパソコンで接続設定を行います。(下記例はWindows10となります)

パソコンを起動し、
(1) 「スタート」ボタン(画面左下)をクリック
(2) 「Windowsアクセサリ」を選択
(3) 「リモートデスクトップ接続」をクリック

リモートデスクトップ接続で「オプションの表示」をクリック。

「全般」タブの「ログオン設定」で以下の方法を入力し、「接続」をクリック。
(1)コンピュータ  IPアドレス を入力
(※「設定完了通知」の「コンピュータ」もしくは「IPアドレス」、又はABLEパネルの「サーバー契約情報」参照)
(2)ユーザー名  administrator と入力

administratorのパスワードを入力して「OK」をクリック。
(※「設定完了通知」の「初期パスワード」、又はWindows Serverインストール時に お客様が設定したパスワード

Windows Serverのログイン画面(下記例はWindows Server 2012R2)が表示されれば接続は成功です。

接続時の認証エラーについて

パソコンからリモートデスクトップ接続を行おうとした際、以下の様な『証明書エラー』が表示される場合があります。
これは、接続先VPSに公的証明書がインストールされていないため、認証に失敗したことを表すものです。
(利用PCがWindowsXP以前の場合は認証機能がないため、このエラー表示はありません)

このエラーは、実質的なご利用には差し障りがありませんので、証明書を準備する程ではないとお考えの場合、無視して進めることが可能です。

『証明書エラー』が表示された際に、「これらの証明書エラーを無視して接続しますか?」で「はい」を選択することで、接続・利用してください。

『証明書エラー』を表示させたくない場合

リモートデスクトップ接続を立ち上げます。

オプションの表示をクリックします。

「詳細設定」タブをクリックし、「サーバー認証が失敗した場合」から
▼警告メッセージを表示する (デフォルト設定)

を以下の設定に変更します。

▼接続し、警告メッセージは表示しない

※警告メッセージの表示を無視して接続してもご利用自体には問題ありません。

VPSへのMT4導入手順

  1. MT4のダウンロード
  2. MT4をインストール
  3. MT4にログイン
  4. MT4の起動

まず初めにVPSを起動しておきます。

続いてMT4をダウンロードします。

MT4をダウンロード

ここでは、自宅PCにダウンロードした「MT4インストールファイル」をVPSにセットする方法を解説します。

まずは

自宅PCにMT4をダウンロードします。

FXBeyondからのメール↓

 

 

 

 

以下の記事は

XMトレーディングを想定しています。

FX Beyondについては

「口座開設完了のお知らせ」メールからダウンロード可能になります。

 

「XM(海外FX)公式ホームページ」からダウンロードします。

こちらをクリック➡https://www.xmtrading.com/jp/mt4

「XMのMT4ダウンロード」画面が表示されますので、そのまま中央の赤い「ダウンロード」をクリックしてください。

ダウンロードフォルダに「xmtrading4setup」が入っていることが確認できます。

この「xmtrading4setup」ファイルを右クリックでコピーしておいてください。

コピーした「xmtrading4setup」ファイルをVPSのデスクトップに貼り付けます。

最初に起動しておいたVPSの仮想デスクトップ画面を開いて、「デスクトップ」上で右クリックをして、展開したメニューの中から「貼り付け」をクリックします。

「xmtrading4setup」がVPSのデスクトップにに張り付けられて表示されました。

続けてMT4をインストールしてください。

MT4をンストール

「xmtrading4setup」が仮想デスクトップ(VPS)のデスクトップに張り付けられて表示されていますので、ダブルクリックしてください。

すると、以下のインストール用セットアップが表示されます。

すぐにインストールは終了します。

MT4にログインする

(1)MT4のインストールが終了すれば、自動的にMT4が起動してチャート画面が開くようになっています。

自動で開かない場合は、デスクトップにMT4起動用のショートカットアイコンが作成されていますので、ダブルクリックしてMT4を起動してください。

(2)MT4が起動すると、チャート画面が開くとともに「取引サーバー」を選択するポップアップが表示されますので、サーバーを選択して「次へ」をクリックしてください。

使用するサーバーの確認方法

口座開設時にXMから送付されている「登録完了メール」で確認できます。(口座有効化前の口座完了時にXMから送られるメールです。)

(3)「取引サーバー選択」画面からサーバーを選択して「次へ」をクリックすると、「アカウントタイプを選択」画面が開きます。

この画面では、「既存のアカウント」を選択し、「ログインID」と「パスワード」を入力してから「完了」をクリックしてください。

「ログインID」「パスワード」「サーバー」が正しければログインが完了します。

 

MT4へのEA設置については、運営事務局からお知らせがあります。
また、自宅PCにダウンロードしたEAをVPSに移動させるのは、上でご説明したMT4をコピペする方法でできます。

 

とりあえずここまで頑張りましょう!

この後の記事はあると便利な機能になります。

スマホ版MT4アプリ

パソコンよりも見やすく、出先でトレード結果を確認する、EA設定変更するなど資金管理する上で非常に便利なので、ぜひスマホにもMT4導入していきましょう。

まずスマホにMT4導入した時に「できること」「できないこと」を解説しておきます。

パソコンであればMT4の全機能を使えますが、
スマホのMT4は手軽な分、使用できる機能に制限があります。

スマホ版MT4で利用可能な機能

①リアルタイム配置やチャート表示
②複数のインジケーター表示(最大30種類ほど)
③損益状況や口座残高の表示
④指値、逆指値、成行注文の発注

唯一欠点を上げるとするとスマホではEAのロット変更や稼働停止という操作ができないという部分です。

ただ、「Microsoft Remoto Desktop」というスマホアプリを導入することで、パソコン版MT4と全く同じ操作ができるようになるので、本記事で併せて紹介します。

なので本記事の通り進めれば「パソコン版MT4と同じことがスマホでもできる」ようになりますので、ご安心いただければと思います。

スマホアプリ画面でMT4を検索する

スマホ(AndoroidならGoogle Play,iPhoneならApp Store)のアプリ検索画面に「Meta Trader4」と入力してください。

MetaTrader 4 FX取引をインストールする

いくつかMT4に関連するアプリが表示されますので、その中から「Meta Trader4 FX取引」というアプリを探しインストールを押します。

※App Storeで検索すると「Meta Trader4」という名前で表示されます。

スマホ版MT4にログインする

MT4のモード選択をする

デスクトップ表示されたMT4アイコンをタップして起動します。

最初にスマホへの通知有無(ポジションを持った時にスマホに知らせる等)の選択表示されますので、任意で選んでください。

画面が明るくなるので、画面一番上にある「シンプルモード」「詳細モード」を任意で選択ください。(今回は詳細モードで解説を進めます)

その後、画面一番下の右にある「設定」をクリックします。

MT4の設定から「既存アカウントにログイン」へ進む

設定画面に切り替わりますが、初期状態ではXMのDemo口座にログインしてる状態です。

そのため、ここから既存のXM口座にログインする必要がありますので「新規口座」をクリックします。

※Andoroidの場合は「MetaTrader 4 iOS Demo」とは別表記がされてます。

「新規口座」画面に遷移しますので、その中の「既存のアカウントにログイン」をクリックします。

サーバ検索欄にサーバ名を入力しXM口座を選択する

 

 

以下の記事は

XMトレーディングを想定しています。

FX BeyondTrade Viewについては

検索窓へ各証券会社名を入力してください。

 

「既存のアカウントにログイン」をクリックするとサーバ検索画面に遷移しますので、この欄に「XMTrading」と入力し検索ください。

するとログインできるXMのサーバーが一覧表示されますので、あなたが利用しているXM口座のサーバーを探して選択しましょう。

選択したXMサーバーにログイン(サインイン)する

サーバー名を選択すると「ログイン」画面が表示されますので

①「ログイン」と「パスワード」入力し「パスワードを保存」をクリック
②その後にサインイン

の順で手続きを進めてください。

ログイン(サインイン)成功すると「設定」画面に戻り、デモ口座ではなく

「あなたのXM口座にログインしている表示」

が確認できれば以上でスマホのMT4でログインは完了です。

スマホからVPSを使いEAの設定を変更する

今までの流れでスマホにMT4導入~ログインまで完了しましたので、ここからは「スマホからVPSを使いEAの設定を変更する」手続きの流れを解説していきます。

手順通りに進むことで

「スマホやタブレットからVPS画面を操作しMT4に設置したEAを自由に扱える」

ようになります。

EAのロット変更したい・EAの稼働停止したいが出先で手元にPCがない場合でも、スマホやタブレット上でVPSのMT4設置したEAを扱えるので、万が一の対応時に役立ちます。

では早速見ていきましょう。

スマホに「Microsoft Remoto Desktop」をインストールする

まずお使いのスマホやタブレットのアプリ検索画面に「Microsoft Remoto Desktop」と入力します。

「Microsoft Remoto Desktop」アプリが表示されますので「入手」を押してインストールします。

インストール完了すると「RD Client」という名前で「Microsoft Remoto Desktop」アプリがスマホ/タブレットのデスクトップに表示されます。

「Microsoft Remoto Desktop」にログインする

「Microsoft Remoto Desktop」をタップ後、「Bluetooth,マイク,カメラへのアクセスが要求されます」の表示が出たら「続行」を選択します。

その後、Bluetooth,マイク,カメラの仕様/アクセス確認画面に進みますので、それぞれ任意で選択してください。

その後、下記①~③の手順で進めます。

①スマホ画面左下の「PC」が赤色になっている
②画面中央に「PCがありません」を確認する
③画面上部の右にある「+」をクリックする

※この時①部分が「PC」ではなく「ワークスペース」選択されてる場合は「PC」をタップして②~③の手順に進んでください

「PCの追加」という画面に変わりますので、その下の「PC名」をタップし、ABLENET契約時に届いた「VPS(Winプラン)設定完了通知」メールに記載の「WindowsServer設定情報」の「コンピュータ」欄の情報を入力ください。

PC名入力後は「ユーザーアカウント」をタップ。

ユーザーアカウント画面が表示され、その中の「ユーザーアカウントの追加」をタップ。

「ユーザー@ドメインまたはドメイン/Userネーム」「パスワード(オプション)」欄には、下記を参考に「VPS(Winプラン)設定完了通知」メール記載の「WindowsServer設定情報」の「ユーザー名」「パスワード」情報を入力ください。

①「ユーザー@ドメインまたはドメイン/Userネーム」=「ユーザー名」
②「パスワード(オプション)」=「パスワード」

※アカウント入力例※

以上でログイン完了です。

スマホ経由でVPSに接続できているか確認する

ログイン完了するとPC画面欄に下記のようなVPS接続済みの画面が表示されますので、その表示をタップします。

※下記のようなデスクトップPC画面かMT4チャート画面が表示されます。

するとスマホ/タブレットからVPS接続し、下記のようにMT4のチャート画面が表示され、接続されたことが確認可能です(スマホ画面を横向きにしてます)

以上で接続確認は終了です。

あとは画面上のカーソルを指で操作することで、スマホ/タブレットから遠隔でパソコンと同じようにMT4操作が可能です。

スマホで接続したVPSからMT4の自動売買停止・再開方法

出先で手元にパソコンがなくMT4がさわれない場合の「スマホで接続したVPS上からMT4の自動売買を停止する方法」について説明します。

まずスマホ/タブレットから「Microsoft Remoto Desktop」経由でVPS接続しMT4チャートを表示させます。

チャート画面の上部左側にある「緑▶マークのある自動売買」ボタンをタップすると、「赤▶マークのある自動売買」に変化しEAによる自動売買が停止されます。

再開する場合は「赤▶マークの自動売買」ボタンをタップすると、「緑▶マークのある自動売買」ボタンに変化しEAによる自動売買が再開されます。

スマホからVPS接続を終了する

VPS画面上部にある「虫メガネ」「矢印(が向き合ってるアイコン)」「キーボード」アイコンの内の「矢印(が向き合ってるアイコン)」をタップします。

画面が切り替わりましたら右下の「すべてのPCを切断」をタップすることでVPS接続を解除可能です。

【EAを稼働中の方へ注意点】Windows UpdateとPC再起動について

お時間のある時にこちらの記事にも目を通しておいてくださいね。

あわせて読みたい
【MT4でEAを稼働中の方へ】Windows Updateとパソコン再起動についてMT4でEAを稼働するときは 常にPCを起動させておく必要があります。 その際気を付けなければならないことは、 Windows...

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

これらの記事は、私が実際に利用しているABLENT,スマホ版MT4,RD Clientについて、検索しブログなどでわかりやすく解説してあるものをいくつか集めて編集しました。

何かわからないことがありましたら、
ネット検索をしたり
コミュニティでメッセージしたり
サポーターさんへ個別チャットをしたり
amiにお問い合わせください(*^^*)

最後に・・・
EA稼働開始前にはまずコミュニティで参加者さんのメッセージを数日間目を通して情報収集した後に、推奨Lot設定以下でEAの試運転をしてみてくださいね。